※カテゴリー別のRSSです
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2010年10月04日

フロッピーさん

郵便不正を巡る証拠品のフロッピーディスク改ざんに関する犯人隠避事件で、大阪地検特捜部主任検事・前田恒彦容疑者(43)(証拠隠滅容疑で逮捕)が最高検の調べに対し、「改ざんを過失とするシナリオは、部長の発案だった」と供述していることが分かった。
前田容疑者は「副部長から『部長の指示で、過失で処理する』と言われ、過失のストーリーを考えた」とも供述。最高検は、同部前部長・大坪弘道容疑者(57)が隠蔽を主導したとみて調べている。

最高検の調べでは、前田容疑者は1月末~2月1日、同部前副部長・佐賀元明容疑者(49)に「FDを故意に改ざんした」と打ち明けた。
前田容疑者の供述などによると、その後、佐賀容疑者は大坪容疑者にこの事実を報告した上で、前田容疑者に再び電話をかけ、「部長の指示で、過失でいく。いい手段はないか」と迫った。
前田容疑者が「FDが書き換えられていないか確認した際、誤って書き換わったということでどうでしょう」と答えると、佐賀容疑者は「それでいこう」と了承したという。

大坪、佐賀両容疑者らは同月3日、小林敬検事正に「書き換えは故意ではなく、問題ない」と報告した。
その後、両容疑者は前田容疑者に、改ざんの経緯を記した「上申書」を作成するよう指示。同月10日頃、前田容疑者が作成した上申書を読んだ上で、「もっと過失であることを合理的に説明するように」と書き換えを命じたという。

これを受け、前田容疑者は上申書に「パソコンでFDのデータをUSBに移し、日付を書き換えて遊んでいた。パソコンから機械音が聞こえず、FDを書き換えたことに気付かなかった」などと記述。

前田容疑者は事件が発覚した9月20日頃、この上申書を基に経過報告書を作って同地検に提出した。逮捕される21日夜までにパソコンから上申書のデータを消去したが、最高検はパソコンから上申書を復元し、複数回、書き換えられた形跡があることを確認した。

大坪、佐賀両容疑者は、「前田容疑者からFDを故意に書き換えたとの報告は受けておらず、過失だと思っていた。前田容疑者の報告内容は検事正にそのまま伝えており、犯人隠避罪は成立しない」と、容疑を全面的に否認しているという。


こうゆう社会的に偉い人がこんなことして
しかもごまかすために 意味のないことばっかりしてるなんて
すっごい嫌ですねicon05  


Posted by ともりあ at 11:10Comments(0)ニュース